金融マンの給与報告(2017年3月度)


3月度の給与が支給されております。

今月も特段の変化はありませんが、いよいよ来月は昇給です。あと一ヶ月と思うと非常に楽しみです。

総支給額:507,700円

無事来年度予算の策定も終わり、山場を越えました。
来週からは本決算作業の準備や年度末の収支の着地を検討していく作業が始まります。

最近は私の勤務先も政府が推進している働き方改革を本気で取り組むという機運が高まっているため、私なんぞはどうせやるなら社内でクローズアップされるぐらい徹底的にやるということを宣言し、積極的に有給も取得し、遅くとも18時30分頃には帰るようにしております。そのため時給換算した手取りはかなり上がっていると感じており非常に満足しております。

これに加えて来月はいよいよ定期昇給の時期ですので、非常に楽しみでなりません。
実際の昇給額によっては投資計画を上方修正するかもしれません。

法定控除:125,401円

内訳は

・所得税     19,200円

・地方税     30,300円

・健康保険料   22,960円

・厚生年金保険料 50,910円

・雇用保険料     2,031円

です。

先月と比較して、所得税が3,000円ほど、厚生年金保険料が1,000円ほど上がっております。
理由は不明です。先日拠出型企業年金保険に加入しましたが、とにかく節税と日々の節制を意識する必要があります。

節制については、今年から導入した6万円の変動費の効果もあってか順調です。今月のクレジットカードの引き落としは6万をきり5万円台でした。とにかく節制を重ねて毎月の投資額を積上げて行きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です